1. ホーム
  2. 犬の生活、行動
  3. ≫それって犬のストレスサインかも!ワンちゃんの心を読み取ろう

それって犬のストレスサインかも!ワンちゃんの心を読み取ろう


犬が昨日、何をしていたか覚えていますか?
家族がインターネットをしているときやテレビを見ているとき、犬はどんな様子でしたか?

私たちは忙しすぎて、犬のことをすっかり忘れてしまうことがあります。もしかするとそれが原因で犬はストレスを溜め込んでいるかもしれません。

そこで今回は犬の心と向き合い、上手にストレス解消する方法を探っていきたいと思います。

犬のストレスの要因はいろいろある

犬はどんなときにストレスを感じるのでしょう。

私の犬はいつもと同じ状態を好んでいるように見えます。吠えるなどの行為でサインを出すこともあります。またストレスを溜め込んで、ある日とつぜん問題行動に発展するケースもありました。

犬がストレスを溜めるケース

うちのワンちゃんの場合、以下のようなときにストレスを溜めるみたいです。

  • 家族がいつもと違う動きを見せたとき(外出の支度など)
  • 私が風呂に入っているとき
  • 犬を美容院や病院から連れ帰った後
  • 部屋が暑すぎるとき
  • 犬の意志とは関係なく、こちらの都合で小屋に入れたとき

また、実際に行動に移すこともあります。

ストレス要因 行動
留守番の日が続く ナーバスになったり、大暴れしたりと気分の浮き沈みが見られた
しつけ教室のトレーニングを受けた いつもと違うことをさせられ、戸惑った様子を見せた
飼い主との触れ合い不足で、満たされない状態が続く 退屈しのぎに足を噛み続け、しまいには血が出た(自虐行為)
散歩に行かない日が続く ペットシート以外の場所で、わざとおしっこをした
忙しくて犬の相手をしてやらない ティシュケースからチリ紙を引き出すなど、いたずらが増えた

上記のような状態が繰り返されると「不満が溜まる→無駄吠えする→咬む」などの問題行動に発展することもあります。

犬の問題行動を大きくさせないためにも、犬のストレスサインに早く気づいてあげることが何より大切。時間が経てば経つほど、改善しづらくなってしまいます。

犬のストレスサインに気づく方法

犬は何も文句を言いませんが、それなりに思っていることがあるようです。

私たちが忙しくて犬のことを忘れてしまっている間も、犬は生きています。実はほんの小さなサインで、犬はいろいろ教えてくれているのです。そのサインにどうやったら気づくことができるのでしょうか。

我が家のプードルの小さいサインをいくつかご紹介します。

行動 犬のサイン
食器を洗い終わり、後はまな板を残すのみとなったとき それまで寝ていた犬が背伸びをして立ち上がり、スフィンクスの体勢になった(スタンバイOKだよ!のサイン)
一緒に階段を上がっていたとき 犬が鼻先でドアをつんと突いて、私の方を振り返った(ドアを開けてね!のサイン)
私の意識がよそを向いたとき 部屋を物色しはじめ、ボールを私の目の前に置いた(ボールで遊ぼうよ!のサイン)

これらのサインにもし私が気づかなかったとしたらどうでしょう。「邪魔だからどいて」なんて軽くあしらわれたりしたら、きっと犬は寂しい思いをします。それが積み重なるとストレスが溜まって、次第に元気を失うかもしれません。

犬日記をつけてみよう

毎日1行でもいいので、犬日記を書いてみてはいかがでしょう。そうすると犬のことを考えるきっかけになります。ブログなどでもいいですが、気負いがあるとどうしても面倒になりがちなので、誰にも見せず思いついたことをそのまま書く方が気楽です。

例えば我が家のプードルの記録では、今年の3月某日に美容院でカットしてもらっています。その1年前の日記を見るとと、偶然にも同じ日に美容院へ行っていることがわかりました。そろそろ春が近づいてきて、伸び放題の毛が暑苦しく見えたのでしょう。2年前の別の日には、犬は少し体調を崩して元気がなかったようでした。

犬日記は、ストレスを見分ける犬の行動の管理だけではなく、犬の体調管理にも役立つのでおすすめです。

犬のストレスを取り除く方法

マンネリを脱出しよう

犬はルーティンワークを好むように見えます。毎日の定番をこなす方が、人間も気分的には楽ですよね。でも犬には案外飽きっぽい所もあるようです。

マンネリが続くといくらか退屈そうにします。そんなときは目新しいおもちゃなどを与えてやると大喜びします。おもちゃに興味を示さない犬には、新しいフードやストレス解消用のおやつなどを用意してみてはいかがでしょう。

忙しくて犬の相手をしてやれないとき

眠っていた犬がゴソゴソと動き出し、耳を掻いたり、体を振ってフケを飛ばしはじめたら、そろそろ退屈になった証拠です。

私の場合どうしても何かの作業中で手が離せないときは、餌を入れるタイプの犬用知恵玩具を与えています。すると犬は穴から少しずつ出てくる餌を食べるのに夢中になります。これで私の方もしばらく時間稼ぎができるという訳です。

外で匂いを嗅ぐのは犬の本能

散歩中に犬に匂いを嗅がせることもストレス解消になります。

匂いを嗅ぐことは犬にとって必要な習性です。これはドッグトレーナーの著書やネット情報でもよく語られています。ただし犬が拾い食いしないようくれぐれも注意する必要があります。

リラックスできる場所が必要

人間でも勝手の利かない場所にいるより、自分の部屋でくつろげる方がいいですよね。うちの犬は家族が言い争いをはじめると、小屋へ避難して騒ぎが静まるのを待っています。

冬の間は日向ぼっこができる2階の窓辺によくいますし、夏はダイニングテーブルの下で涼むのがお気に入り。そこを縄張りにされてしまっては困りますが、犬にも家のどこかにリラックスできる場所がある方がいいような気がします。

犬によく見られるストレスについては以下のページでも詳しくまとめてあります。犬のストレスになっていないか?ストレスを解消させるためにはどうしたらいいのか?などご参考にしてみてください。

参考犬によく見られるストレスとその症状

執筆:犬のお守人

シェアをお願いします。