1. ホーム
  2. 犬の生活、行動
  3. ≫犬の散歩で起こりやすいケガトラブル

犬の散歩で起こりやすいケガトラブル


散歩中の犬のケガは、散歩のしつけをしっかりすることである程度防ぐことができます。

きちんとしつけをされた犬は、飼い主の横をゆっくり上品に歩くことができます。そのため、飼い主が無理に走ったり足元の悪いとこに入らなければ犬も入りません。

ですが、現実にはハーネルやヒモを引っ張りながら突進する犬が多いです。この向こう見ずの突進が散歩中のケガを誘発します。

散歩中にケガをさせないためには、散歩のルールをしっかりしつけること。これが一番の防止策になることは覚えておきましょう。

犬の散歩中に起きやすいケガ

肉球のケガ

犬の散歩中のケガでもっとも多いのが肉球(パッド)のケガです。

犬が前進もうとすると、肉球と地面の間で摩擦が起こります。この時、必死に前に進むたがる犬の場合、一生懸命アスファルトの上を空回りするため、肉球がアスファルトと擦れる状態が続きます。

散歩中は歩いているのに必死で気がつきませんが、散歩から帰って肉球を確認すると、黒いはずの肉球が赤くなっていたり、肉球の下の組織が見えて血が滲んでいることもあります。特に、普段から肉球が鍛えられてない室内飼いの犬は注意が必要です。

肉球は地面に常に接する部分なので、治りも遅く細菌も入りやすいので、決して油断はできません。

指の間のケガ「趾間炎」

足の裏のケガは肉球のケガだけではありません。

指の間もケガや炎症を起こしやすい部分です。特に指の間の皮膚はやわらかいので、赤く炎症を起こす「趾間炎(しかんえん)」をよく起こします。

散歩のときに犬が行きたがる負荷もそうですが、砂利道や足元が悪い木々の上、草むらの中を歩かせても、石・木・草などで指の間を傷めることがあります。

関節炎・ねんざ

関節炎やねんざは、必ずしも散歩の仕方が悪いからとは言えません。正しくしつけて散歩をしていても、遺伝的に足腰の弱い犬や、免疫異常の犬などは関節炎やねんざになりやすいです。

とはいえ、散歩が原因で関節炎やねんざになることもあります。

足元の悪い砂利道を走らせたり、岩場・石場を歩かせるなど、股関節や足元に負担がかかる場所を歩かせると炎症やねんざを起こしやすくなります。

関節炎やねんざはあまり犬が痛がらないので気づかない場合も多いのですが、放っておくと股関節が若いうちから弱くなったり、脊椎の関節が変形して歩けなくなるなど、後々重大なケガや病気に発展してしまいます。

頸部圧迫・ハーネスの擦れ

散歩のとき特有のケガで多いのが、首輪による頸部の圧迫やハーネスの擦れによる脱毛・擦り傷・湿疹などです。特に首輪が硬かったりハーネスが合わないと、引っ張るときの力と重なってケガが重症化します。

擦れなどは見た目でわかるので気づきやすいですが、首輪による頸部圧迫は知らず知らずのうちに骨を変形させるので特に注意しなければなりません。

散歩中のケガ対策

散歩のしつけ

最初にもいいましたが、散歩のルールをしつけることが一番のケガ防止策です。

散歩のルールは成長段階で覚えさせるのが一番効率が良いです。

  • リードを短く持って常に飼い主の横を歩かせる
  • 行きたがったりダッシュしたらリードで合図して止める
  • しっかり横を歩くまで根気よく続ける

小さい頃は周りの環境に興味津々で、キョロキョロしたり、ニオイを嗅ぎながら歩いたりしますが、常に軽く戒めながら根気よく続けてください。散歩を毎日する犬なら散歩のルールを守らせることは、後々の飼い主にとっても犬にとってもラクになります。

足元の悪いところを歩かない

足元が悪い岩場、砂利道、草木が生い茂る中はケガの元です。必要がなければあえて歩く必要はありません。

また、広い公園や広場などで離すときも注意が必要です。若い頃はヒョイヒョイと登っていたところも、中年を過ぎると人間と同じように運動能力が落ちてきます。「自分では飛んだつもりでも飛びきれずケガをする」なんてことも起こりやすくなるので、飼い主がしっかり注意を払って見守るようにしましょう。

首輪やハーネスを変える

首輪の頸部圧迫やハーネスの擦れは道具を変えることで防ぐことができます。

細い首輪や接触面が粗い首輪やハーネスに起こりがちのケガです。

  • 首輪は幅が広いもの
  • 首輪もハーネスも皮膚へのあたりがソフトな素材

を選ぶことが基本です。

ハーネスも幅が広いものがいいのですが、犬が窮屈になって歩かなくなったりストレスになってしまうこともあるので難しいところです。そこは散歩をしながら、窮屈じゃないか?ケガをしてないか?を常に見極めてやるしかありません。

散歩中のケガを甘く見ない

今回ご紹介した散歩中のケガは、症状としてはどれも大したものではありません。ですが、どのトラブルも症状がひどくなると厄介なケガです。

これらのケガは、散歩のルートを考えたり道具を変えることで防ぐこともできますが、一番は犬自身に節度をわきまえてもらい、足や体に負担のない散歩を覚えてもらうしかありません。

犬を自由に走らせてやれなくて可哀想という人もいますが、犬がケガをして痛い思いをしたり歩けなくなる方がもっと可哀想です。

犬も飼い主も悲しまないためにも「ケガしにくい散歩」を覚えていきましょう。

シェアをお願いします。