1. ホーム
  2. ドッグフードの基礎知識
  3. ≫ドッグフードのパッケージ表示の見方

ドッグフードのパッケージ表示の見方

市販のドッグフードを選ぶときに欠かさず見てほしいのが「パッケージの表示」。ラベルとも言いますが、そのパッケージやラベルには、使われている原材料や給与方法など情報が記載されているはずです。

ドッグフードを選ぶときは、フードの形・ニオイ・食いつき・食べさせた後の犬の状態など必ず当サイトのようなレビューを見てから判断して欲しいのですが、どのような原材料が使われていて、どのような成分バランスなのかはドッグフードのパッケージを見る以外に方法はありません。

今回は、ドッグフードのパッケージ(ラベル)に記載されている情報の種類と、どの部分をどのように見たらいいか(見方)についてご紹介します。

パッケージの表示には2種類ある

ドッグフードのパッケージ(ラベル)の表示には大きくわけて2種類あります。

ペットフード安全法

ペットフード(ドッグフード)の安全性を確保するために、平成21年6月1日から施行された法律で、正規式名称は「愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律」といいます。

比較的最近に制定されたことに驚きますが、それまでは原材料の表示方法にも細かい決まりがないため、4Dミートのような粗悪な肉が使われていても「鶏肉」と記載されるだけでした。現在ではそのような表示にもしっかりとした決まりが制定されています。

ペットフード安全法で義務付けられている表示は以下の5つです。

  1. 販売用愛がん動物用飼料の名称
  2. 原材料名
  3. 賞味期限
  4. 原産国名
  5. 製造業者、輸入業者または販売業者の氏名または名称と住所

上記の項目は、次で説明する「ペットフードの表示に関する公正競争規約」にも定めされている表示内容です。

参考サイト環境省_愛がん動物用飼料の安全性の確保に関する法律(ペットフード安全法)

ペットフードの表示に関する公正競争規約

昭和49年に設立された「ペットフード公正取引協議会」という団体が制定した規約です。

協議会自体は、「ペットフードの表示に関する公正競争規約」及び「ペットフード業における景品類の提供の制限に関する公正競争規約」を円滑かつ適正に運営することを目的として活動している団体で、法的な縛りはありませんが、長くペットフードに関する規約を牽引してきました。

ペットフードの表示に関する公正競争規約では、ペットフード安全法の5項目にプラスして、以下の4つの項目の表示が定められています。

  1. ペットフードの目的
  2. 内容量
  3. 給与方法
  4. 成分分析値

参考サイトペットフード公正取引協議会・公正競争規約

パッケージ表示内容のチェックポイント

理想は上記の9項目がすべて表記されているドッグフードです。特に給与方法と成分分析値については法律で義務化されていませんが、犬の健康を考えるうえでは非常に重要な内容です。

一つ一つ見ていきましょう。

ペットフード安全法の5項目

1.名称

犬用なのか?猫用なのか?などの名称です。
ドッグフードの場合は「ドッグフード」と明記されます。

2.原材料名

ドッグフードに使われている全ての原材料名や添加物名が表示されています。また、公正競争規約では、使用している量の多い順に記載することを定めています。

チェックすべきは「着色料、香料、発がん性酸化防止剤が使われていないこと」です。また、穀物(小麦・とうもろこし)より肉類を多く含むドッグフードの方がいいですね。できれば「グレインフリー(小麦・とうもろこし不使用)」がベストです。詳しくは以下のページもご参照してみてください。
参考安心安全なドッグフードの基準とは?

3.賞味期限

常温日陰などの保存条件で、未開封のときの栄養価・食味が保証できる期間が記載されています。消費期限ではないので、その日を過ぎたらすぐにダメになるわけではありませんが、できれば賞味期限内で使い切る方がいいでしょう。

なお、開封後の賞味期限は明確になってませんが、通常は以下のような期間です。

  • ドライフード:1ヶ月
  • 半生タイプ:2週間
  • 缶詰などの生タイプ:開封後すぐ

開封後は空気や細菌が入りやすい状態ですので、上記の期間を目安に使い切り、残ってしまった場合は捨てるようにしましょう。

4.原産国名

ドッグフードの最終加工が行われた国名が記載されています。包装や詰め合わせは最終工程ではありません。

ドッグフードの場合、日本が一番ではありません。イギリス・ドイツ・アメリカなどのペット先進国のフードも信頼できるものです。ただし、東南アジアや中国が原産のドッグフードはやめておいたほうがいいでしょう。

5.取り扱い業者

製造業者、輸入業者、販売業者の名称、住所などが明記されています。

ペットフードの表示に関する公正競争規約の4項目

6.ペットフードの目的

定められた基準に沿って次の3つに分類されています。

  1. 総合栄養食
  2. 間食(「おやつ」または「スナック」)
  3. その他の目的食

総合栄養食はいわゆる主食とするドッグフードです。総合栄養食の場合は明記されていないドッグフードも多くあります。間食は、ジャーキーやクッキーなど犬用のおやつなどです。その他の目的食とは、犬用のサプリメントなど栄養補完食です。

「間食」と「その他の目的食」については、必ず「栄養補完食」などと明記されています。

7.内容量

そのパッケージ(袋など)の中に入っている量です。大体は「g(グラム)」か「kg(キログラム)」です。クッキーなどの間食の場合は「個数」で表示される場合があります。

8.給与方法

どのくらいの量を、どのように与えればいいのか、1日に与える量や回数などが表示されます。ただし、与える量や回数は「目安」です。ワンちゃんの様子を見ながら与える量は調節しましょう。

たとえば、太りやすい場合は少し量を抑える、痩せている場合は少し量を増やすなどです。体重変化があまり激しい場合は獣医に相談した方がいいでしょう。

9.成分

タンパク質や炭水化物などの成分が、どのくらいの割合で配合されているのか「%(パーセント)」で表記されています。

六大栄養素のページでもご紹介しましたが、理想は「タンパク質:炭水化物:脂質=3:1:1」の割合です。使われている原材料と同じくらい重要な項目なので、必ず成分が表示されているドッグフードを選んでください。

パッケージ表示のまとめ

当サイトが必要だと思うパッケージの表示は以下の7つです。

  1. 販売用愛がん動物用飼料の名称
  2. 原材料名
  3. 賞味期限
  4. 原産国名
  5. 製造業者、輸入業者または販売業者の氏名または名称と住所
  6. 給与方法
  7. 成分分析値

ただし、モグワンドッグフードカナガンドッグフードなどネットでしか販売していないドッグフードは、公正競争規約となっている「給与方法」と「成分分析値」について、販売サイトに詳しく記載されている場合があります。

ワンちゃんは、人間のように自分で食べるもの(ドッグフード)を選ぶことができません。せめて飼い主である私たちがしっかりとパッケージをチェックして、安全安心なドッグフードを選んであげましょう。

こちらからシェアできます