1. ホーム
  2. ドッグフードのレビュー
  3. ≫ドッグフード「キアオラ」の特徴と成分の安全性について

ドッグフード「キアオラ」の特徴と成分の安全性について

ドッグフード「キアオラ」は「動物と暮らす文化」をテーマとしたカテゴリーブランド「BACK TO BASICSR」の理念の基、科学的視点・実証効果に基づいた犬の食性に合わせて、独自に処方されたドッグフードです。

世界トップクラスのニュージーランド産原材料使用、肉原料の配合にこだわりがあり、動物性たんぱく質源は単一肉原料とサーモンに絞っていて、ニュージーランド産の高品質なベニソン肉を、最大限に配合しています。

海外で人気のあるドッグフードですが、原材料のこだわり・品質の高さから、健康を気づかう日本の消費者にも人気が高まっているドッグフードです。

今回は、キアオラの原材料と成分を分析して、最後に総合評価をまとめたいと思います。

キアオラのドッグフードの種類

キアオラには以下のラインナップがあります。

  • Kia Ora VENISON ベニソン
  • Kia Ora LAMB ラム
  • Kia Ora GRASS FED BEEF グラスフェッドビーフ

今回はこの中から「Kia Ora VENISON ベニソン」についてまとめます。

キアオラの原材料

ベニソン生肉、乾燥サーモン、えんどう豆、タピオカスターチ、全粒亜麻仁、鶏脂、ポテト、キャノーラ油、天然フレーバー、乾燥ベニソン、フィッシュオイル、タウリン、ビタミン類(ビタミンEサプリメント、ナイアシン(ビタミンB3)、パントテン酸カルシウム(ビタミンB5)、ビタミンAサプリメント、チアミンモノニトレート(ビタミンB1)、リボフラビンサプリメント、塩酸ピリドキシン(ビタミンB6)、ビタミンB12サプリメント、ビタミンD3サプリメント、葉酸(ビタミンB9)、塩化コリン)、ミネラル類(塩化ナトリウム、硫酸マグネシウム、硫酸亜鉛、硫酸鉄、炭酸カルシウム、硫酸銅、硫酸マンガン、ヨウ素酸カルシウム、硫酸コバルト、亜セレン酸ナトリウム、塩化カリウム)、酸化防止剤(ローズマリー抽出物・グリーンティ抽出物・スペアミント抽出物)

キアオラの成分分析値(たんぱく質~%など)

粗タンパク質 30.0%以上
粗脂肪 15.0%以上
粗繊維 4.0% 以下
灰分 10.0% 以下
水分 10.0% 以下
カロリー 約376kcal/100g

キアオラの詳細

容量 450g / 900g / 2.7kg / 5kg / 9.5kg
価格 450g=1,620円 / 900g=2,700円 / 2.7kg=7,127円 / 5kg=12,311円 / 9.5kg=20,520円
※2017/7/27時点のAmazonと楽天の最安値を記載
1kgあたりの価格 2,160円~(9.5kgで計算)
代謝エネルギー 約376cal/100g
対応年齢 全ライフステージ
原産国 ニュージーランド
販売会社 レッドハート株式会社

キアオラの特徴

  • 独自の科学的視点で犬の食性に合わせた処方
  • 高品質「ベニソン肉」の使用
  • サーモンのDHA・EPAで心臓病リスク軽減
  • オメガ3オメガ6脂肪酸で体の抗酸化サポート
  • グレインフリーで食物アレルギーへの配慮
  • 総合栄養食の基準・AAFCO栄養基準のドッグフード

独自の科学的視点で犬の食性に合わせた処方

キアオラは、レッドハート株式会社が「動物と暮らす文化」をテーマとしたカテゴリーブランドBACK TO BASICSのコンセプトに従った、オリジナル・ドッグフードです。

犬が本来必要とされる食事をダイレクトに追求し、犬の食性に合わせた独自処方で、肉原料を最大限に配合されて作られています。科学的な視点そして実証効果に基づいて、常に配合内容の改善を実践し、よりよりドッグフードへと成長し続けます。

高品質「ベニソン肉」の使用

ニュージーランドは、世界的に優れた品質とされる肉類・魚介・乳製品生産国です。

キアオラ全製品では、そのニュージーランド産・世界トップクラスの原材料を使用、動物性タンパク質源を「単一肉原料+サーモン」に絞るなど、特に肉原料の配合にはこだわりがあります。

キアオラでは、イメージを高めるだけの原材料は使わず、ニュージーランド産の高品質な「ベニソン」を最大限に配合しています。

以下に、その「ベニソン」の特徴を5つまとめます。

自然放牧で育った天然肉

キアオラが使用するベニソン肉1つ目の特徴は、自然放牧で育った天然の滋味豊富な味わいです。

1年を通じて、屋外の自然放牧で牧草を食べて育てられたベニソン。トレイサビリティ(追跡可能性=生産や流通の過程)が徹底された、薬剤の不使用が認定された牧場のみと契約しています。

自然豊かで、清潔な環境で育てられたお肉です。

低カロリー・低脂肪で体重コントロールやダイエットに最適

キアオラが使用するベニソン肉2つ目の特徴は、低カロリー・低脂肪です。

ベニソンは、最も注目される新規のタンパク源です。というのも、その他の肉類と比較して低カロリー、また自然放牧で育つ動物の肉類は飽和脂肪酸が少ないことから低脂肪、体重のコントロールやダイエットに最適な食材です。また食物アレルギーにもなりにくい点でも優れています。

10種類の必須アミノ酸で様々な健康障害を回避

キアオラが使用するベニソン肉3つ目の特徴は、10種類の必須アミノ酸含有の完全なタンパク質です。

タンパク質はアミノ酸でできています。ベニソンには10種類の必須アミノ酸が含まれていることから、完全なタンパク質だと考えられています。

犬は自らアミノ酸を作ることができますが、その(ベニソンに含まれる)10種類の必須アミノ酸は作れず食事から摂取する必要があり、もし不足すると様々な健康障害が考えられます。

豊富なミネラル・ビタミンで活力ある体を作る

キアオラが使用するベニソン肉4つ目の特徴は、ミネラル・ビタミンが豊富に含まれていることです。

ベニソンは、必須ビタミンB1/B12/B6/B3が豊富に含まれており、これらビタミンB群は、タンパク質・炭水化物・脂肪を分解、エネルギーへの変化を助けます。また赤血球細胞の生成もサポート。これらの必須ビタミンを十分に摂取することで、活力ある、疲れにくい体を作ります。

鉄分ヘム鉄で結合組織の生成をサポート

キアオラが使用するベニソン肉5つ目の特徴は、鉄分が豊富に含まれていることです。

食品の鉄分源として最高レベルを誇るベニソン。含まれる鉄分は「ヘム鉄」で、シリアル・野菜に含まれる「非ヘム鉄」よりも、簡単に消化することができます。また犬の体に酸素を運ぶのにも重要な役割を担う鉄分は、結合組織の生成もサポートします。

サーモンのDHA・EPAで心臓病リスク軽減

キアオラ全製品の原材料に含まれている「サーモン」、その理由はサーモンの優れた栄養価にあります。

サーモンには、良質なタンパク質・脂肪酸が豊富に含まれており、そのタンパク質のアミノ酸スコア(食品中のタンパク質品質評価スコア)は100点満点。その結果、消化吸収率99%という大変優れた食品です。

またサーモンは、牛豚鶏肉に比べて低カロリー、その脂肪は脂肪酸コルステロールを含まない2つの不飽和脂肪酸「DHA(ドコサヘキサエン酸)」「EPA(エイコサペンタエン酸)」から成ります。DHAは血中の中性脂肪を減らして心臓病のリスクを軽減し、EPAは血液をサラサラにして炎症・アレルギーにも効果的です。

オメガ3オメガ6脂肪酸で体の抗酸化サポート

キアオラには、「鶏脂」「フィッシュオイル」「キャノーラ油」が含まれています。これらの組み合わせは、オメガ3脂肪酸・オメガ6脂肪酸をバランス良く配合しています。

また、天然の酸化防止剤のハーブ類(ローズマリー抽出物・グリーンティ抽出物・スペアミント抽出物)は、体の抗酸化をサポートします。

グレインフリーで食物アレルギーへの配慮

キアオラでは、穀物類は一切使っていません。これは食物アレルギーへの配慮へとつながります。

総合栄養食の基準・AAFCO栄養基準のドッグフード

キアオラの製品は、総合栄養食の基準・AAFCOの栄養基準が証明されています。

総合栄養食の基準については、ペット公正取引協議会が定める分析試験によって実施。AAFCOの栄養基準については、AAFCO(米国飼料検査官協会)規定の分析試験によって実施。どちらも幼犬・成長期の犬・妊娠犬・授乳犬が健康を維持するのに適した、バランス良い総合栄養食の基準を満たしていることが証明されています。

キアオラの総合評価

原材料・成分から見たキアオラの総合評価です。

総合評価:星35個3.9

使われている原材料の種類・品質については文句なしのドッグフードです。

天然の生肉を主体とした原材料で、犬が不得意な小麦・とうもろこしといった安価な穀物も一切使用していません。完全なグレインフリーフードで、アレルギーが出にくい配慮もされています。

ビタミン・ミネラル・マグネシウムなどの付加価値のある栄養素も配合されていて、犬の成長に必要な六大栄養素がしっかり配合されています。

参考知っておきたい!犬の健康に必要な六大栄養素

ただし、栄養素の配合バランスがちょっと偏り気味です。

タンパク質30%以上は、成犬期の犬に対しもタンパク質が多めです。反対に炭水化物の配合が少ないです。犬はタンパク質主体の食事が理想ではあるのですが、それでも肉のみ(タンパク質のみ)では運動のエネルギーや病気をしない健康な体が保てないし、蓄えておくエネルギーとして炭水化物も必要になります。

ラインナップ的には全犬対応ですが、幼犬期や老犬にはちょっとすすめられない配合バランスです。

上記の内容を総合的に考慮して、総合評価を星35個3.9としました。

こちらからシェアできます