1. ホーム
  2. 犬の基礎知識
  3. ≫夏の暑さに注意!犬の熱中症予防と対策

夏の暑さに注意!犬の熱中症予防と対策

犬種によってさまざまですが、犬は基本的に暑さに弱い動物です。チワワのように寒さに弱い犬もいますが、そういった犬は「寒さにも暑さにも弱い」といった方が正確です。

夏の日本は高温多湿で気温以上に体の負担が大きい気候です。人間でも毎年のように熱中症が話題になるように、犬も夏の暑さによる熱中症に気をつけなければなりません。

今回は、犬がなぜ暑さに弱いのか?犬の熱中症予防と、万が一熱中症になってしまった場合の緊急対策についてご紹介します。

犬は体温調節が苦手

犬は汗をかかない

犬だけではなく、牛や鶏といった動物は基本的に体温調節が苦手です。
理由は汗をかかないからです。

犬はニオイを発する臭腺はありますが、汗を流す汗腺はありません。人間は体全体で汗を流して、汗が蒸発するときの「気化熱」を利用して体内の熱を発散させています。動物全般の中では体温調節が得意です。

ですが、犬は汗をかかないので、舌を出して「ハアハア」として唾液を蒸発させて熱を発散させるしかありません。どう考えても熱の発散量が足りないですよね?そのため、鼻(口先)が短いフレンチブルドッグなどはすぐに熱中症になってしまいます。

涼しい風を当てても意味がない

体の表面で体温調節ができないため、扇風機などで涼しい風を当ててもあまり意味がありません。

まったく風がないよりはマシだし、それで部屋全体の温度が下がるならいいのですが、人間のように扇風機の風で汗を蒸発させて体温を発散させることができないので、あまり効果がありません。

そのため、人間と同じような感覚でいると、ちょっと温度が高いだけでもすぐに熱中症になってしまうんです。

熱中症の予防策

犬は自分で生活環境を変えることができません。飼い主である私たちがこまめにチェックしてやる必要があります。

大切なのは、犬は人間以上に温度管理に注意しなければならないということです。

犬の最適温度

夏のエアコンの温度調節。人間の場合は「28℃」が推奨されたりしますが、暑さに弱い犬は25℃を超えたら要注意です。湿度にもよりますが30℃を超えたらアウトです。

犬が快適に過ごせる気温は、夏の場合は20℃~25℃です。

ただ、人間にとっては夏場の20℃~25℃というのは少し寒い気温になってしまうので、以下で紹介する「犬の生活環境だけ適正温度になるような工夫」をしましょう。

エアコンを使う

屋内で犬を飼う場合、エアコンは必須です。

屋内は、屋外とは違って風が吹かないので熱の逃げ場がありません。温度も湿度も溜まりやすく犬にとっては非常に良くない環境です。

たまにエアコン嫌いな人がいてエアコンを全く使わない人がいます。人だけが生活する空間ならそれでもいいのですが、犬がいる生活環境では人間のエゴになってしまいます。

人間は自分で服装を調節したりエアコンのない部屋に行くことができます。犬は自分で選ぶことができないので、どこか一箇所の部屋でもエアコンをつけてやるようにしてください。

冷却材などのグッズを利用する

犬用の冷却グッズを利用するのもいいでしょう。エアコンを28℃設定にしていても、冷却グッズで犬の生活環境だけ涼しくしてあげれば、犬も人間も適温で共存できます。

金属プレートや保冷剤を入れておける袋など、ペットショップに売っている冷却グッズを利用して、上手に温度管理をしてあげましょう。

日陰を作ってあげる

屋外で飼う場合は、直射日光を避けるために日陰を作ってあげましょう。犬小屋は中に熱が溜まるので、風通しが良い場所に日陰を作ってあげます。

ただし、最近の日本はとにかく高温多湿です。今の日本で流行っている欧米出身の犬種には過酷な環境です。あまりに暑い日や老犬の場合は、昼間だけでも玄関に入れたりエアコンの部屋に入れてあげてください。

毛を短く刈る(サマーカット)

思い切って毛を短く刈るのも効果的です。

トリミング(グルーミング)には「サマーカット」とか「ライオンカット」といった暑さ対策のカット方法もあります。

犬の見栄えを気にする人には気が進まない方法ですが、そういうときはお腹の毛だけでも肌が露出するようにカットしてやると、お腹を地面につけて体温を放出することができるので有効です。

犬の暑さ対策の注意点

犬の暑さ対策で1つだけ注意点があります。

涼しい環境を作るという意識が強すぎて、すべての場所を涼しくしてしまうのはあまりよくありません。

人間も少し暑かったらエアコンの温度を下げて、涼しかったら温度上げるように、犬も細かい温度調節をできるのが好ましいです。

そのため、犬が自分の好みで温度の場所を選べるように、1箇所には冷却グッズ、もう1箇所にはタオルケット(もしくはお気に入りの毛布など)といったように、犬の生活環境の中で温度調節できる場所を何箇所か作ってあげるようにしましょう。

熱中症になった場合の緊急対策

犬が熱中症になる場合は心当たりがあるはずです。夏の日中部屋に置いて出かけた、車の中でお留守番させた、など。

犬が熱中症になると、以下のような症状が見られます。

  • 呼吸が荒くなる
  • よだれを垂らす
  • 下痢
  • 嘔吐
  • けいれん
  • 意識の低下

とにかく冷やす

熱中症のときは、まずは急いで体全体を冷やす必要があります。毛の表面だけ濡らしても意味がないので、肌に届くようにしっかりと冷水のシャワーなどを体全体にかけます。

いきなりキンキンに冷えた冷水をかけるとショックを起こすことがあるので、最初は常温くらいの温度で徐々に冷水にしてかけましょう。

熱中症のときの犬の体温は40℃軽く超えているはずです。とにかく冷やして体温を下げることが重要です。

水を飲ませる

体を冷やしながらでもいいし、冷やしてからでもいいのですが、水を欲しがるようなら水を飲ませてください。水が飲めないほどぐったりしているようなら一刻を争います。すぐに病院へ向かいましょう。

必ず動物病院(獣医)で診察する

「冷水シャワーを浴びせたら少し落ち着いた」といって動物病院(獣医)に行くのをためらう人がいますが、冷水で体を冷やした後は必ず獣医へ連れて行ってください。

ハアハアしてたのが落ち着いたのは、衰弱が酷くなったからかもしれないし、体温が一時的に下がっても熱は体の中にこもります。体力をどんどん奪われているかもしれません。

熱中症の場合、動物病院では

  • (体温が高かったら)体を冷やす
  • 点滴、もしくは水分(栄養剤)注射をする

といった治療を行います。

体が衰弱しているときは点滴治療などが重要なので、熱中症の症状が見られたときは、ぜひためらわずに獣医に連れて行ってください。愛犬の命にかかわることですので。

犬の熱中症のまとめ

人間と同じように、犬の熱中症もひどくなると命にかかわる症状です。ですが、犬の熱中症は飼い主である私たちが気をつけてあげれば防げることです。

今回ご紹介した予防策をご参考に、ぜひ気をつけてあげてください。

こちらからシェアできます