1. ホーム
  2. ドッグフードの基礎知識
  3. ≫手作りドッグフードに必要な栄養素をおすすめ食材

手作りドッグフードに必要な栄養素をおすすめ食材


愛犬を子供のようにかわいがって育てる飼い主が増えたことにより、ドッグフードも犬の健康を第一に考えて、様々な種類のドッグフードを購入できるようになってきました。

ですが、オーガニックやロープロセス、保存料少なめの物など品質にこだわると、ドッグフードの値段もそれなりに高くなってきます。また、愛犬への愛情から、ワンちゃんだけの特別メニューを安く作ってあげたいと思う飼い主も増えています。

そこで今回は、手作りドッグフードについて、なるべくコストをおさえつつも、健康に食べられる方法についてまとめようと思います。

手作りドッグフードに必要な栄養素

    
私たち人間と一緒で、犬にとっても栄養バランスはとても大切です。栄養が偏ってしまうと、栄養バランスを崩してしまい、大きな病気を発症してしまうこともあります。

私が今、市販で購入しているドッグフードに多く含まれている「タンパク質」「脂肪」「炭水化物」の三大栄養素に着目して手作りのドッグフードを作るにはどのような食材が適しているのかまとめてみました。

タンパク質

タンパク質は、生きていくうえで最も重要な栄養素のひとつです。

血液、筋肉、皮膚や骨格など、体の構造をつくるのに欠かせないだけではなく、免疫力の構成にも大きく関わる栄養成分です。

タンパク質を構成するアミノ酸は犬の体内で作り出すことができるものもあれば、食事からしか摂取できないものもあります。元来、犬は肉食とされてきた動物なので、動物性タンパク質を多く摂ることによって必要なアミノ酸を補うことができます。

必要な量

Pet Educationのデータによると、推奨されているドッグフードのタンパク質の占める割合は、子犬の場合で28%、成犬で18%とされています。

そのため、目安としては全体量の20%~30%をタンパク質で占めるのがよいでしょう。

動物性タンパク質の食材

鶏肉、羊肉、牛肉、ターキー、魚(サーモン、ニシン)、卵、チーズ 等

植物性タンパク質の食材

豆腐、おから、トウモロコシ、米 等

脂質

脂質は活動のエネルギー源となる栄養素のひとつで、食事の消化・吸収を助ける働きがあります。

脂質はご存知の通り、カロリーが高いので、避けてしまわれがちですが不足してしまうと、免疫力の低下や赤血球の減少にもつながるので、適量、摂取する必要があります。

必要な量

人間と犬が必要とする脂質の量は異なり、犬にとっては全体カロリーにおいて脂質は30%~35%以内におさめる必要があります。脂質は肉、魚、野菜、果物などから補うことができます。

脂質の食材

動物脂肪、魚、チーズ、ヨーグルト 等

炭水化物

脂質と同様に、活動の主なエネルギー源となる栄養素です。炭水化物は糖質と食物繊維から構成されており、糖質はわんちゃんが活発に動き回れるように、また食物繊維は腸の運動を活発にし、消化を助ける働きがあります。

炭水化物は穀物からも取り入れることができますが、私の愛犬モモはニンジンが大好物で、今までに消化不良などをおこしたことがなく、合っているようなのでニンジンを多めにあげています。

必要な量

アメリカでは犬は炭水化物を全く摂取しなくても、他の栄養素(タンパク質と脂質)からエネルギー源を補うことができる、との研究結果も出ていますが、適度な摂取は必要と考える人もいるようです。

炭水化物は摂取しすぎると脂肪として蓄積されてしまい、肥満の大きな原因となってしまうために摂りすぎを避ける飼い主が増えているのだと思います。

炭水化物の食材

サツマイモ、ニンジン、ブロッコリー、ほうれん草 等

食材選びのポイント

タンパク質・脂質・炭水化物を多く含む食材を紹介しましたが、食物アレルギーや消化不良をおこすこともあります。特にトウモロコシや大豆などにアレルギーを持つわんちゃんが多くいるよくきくので、食材選びには十分注意する必要があります。

いつも与えているドッグフードの内容を確認し、そこに使われている食材から選んでいくことがいいのではないかと思います。また消化不良をおこし、下痢や嘔吐を避ける為に、小さく刻んで食べやすい大きさに調理するのも大切です。

サンプルレシピ

参考として、成犬のわんちゃん(体重10kgの中型犬)に適したレシピをご紹介します。

材料

茹でた鶏胸肉 (230グラム)
茹でた鶏レバー (15グラム)
ゆで卵 (1個)
ゆでたサツマイモ (110グラム)
低脂肪ヨーグルト (55グラム)
魚オイル (1000ミリグラム)
卵の殻 (5グラム)

調理方法

わんちゃんは生肉を食べても大丈夫のようですが、普段ドッグフードを食べ慣れているこがほとんどだと思うので、最初はしっかりと中に火が通るまで調理して与えた方がいいと思います。

あとは全ての食材を細かく切り刻んで、混ぜるだけの簡単レシピです。

栄養素

700カロリー
タンパク質 72.3グラム(15.8%)
脂質 32.6グラム (7.1%)
炭水化物 24.5グラム (5.4%)

シェアをお願いします。