1. ホーム
  2. ドッグフードのお悩み解決
  3. ≫【ドッグフードのふやかし方】子犬・老犬・食欲のない犬に

【ドッグフードのふやかし方】子犬・老犬・食欲のない犬に

日本では、愛犬の食事に「ドッグフード(ドライフード)」を与えている人がほとんどだと思います。食事は毎日続けることなので、栄養バランスが整った美味しいドッグフードなら安心ですよね。

でも、私たち人間は、赤ちゃんからお年寄りになるまでずっと同じ食事を食べているか?と考えると、それは違いますよね。

生後すぐ~半年後くらいまでの赤ちゃんは「母乳やミルク」だけを飲み、その後~1歳半くらいまでの赤ちゃんは、少しずつ食べることに慣れるため「離乳食」を食べさせて、1歳半~2歳くらいまでの幼児期は少しずつ大人の食事に近づける「幼児食」を食べさせます。

また、お年寄りと言われる年齢になったら、食べやすい食事を心がけるようにして、風邪などで体調が優れない時には、お粥など消化の良い食事を摂るものです。

実は、私たち人間と同じように、愛犬にもその時々の年齢や体調によって食事の与え方を工夫してあげる必要性があります。

そのための方法が「ドッグフード(ドライフード)をふやかして与える」ことです。

今回は、愛犬にドッグフードをふやかして与えることによるメリットや、その方法をご紹介します。

ふやかしたドッグフードを与えるケース

犬の年齢や状況によって、ドライフードをふやかして与えたほうがいいケースがあります。

  • 消化器官、歯が未発達な子犬の時期
  • 老化で消化器官が弱く、歯も衰えてる老犬の時期
  • 病気や体調不良で消化が悪い(すぐに吐いてしまう)時
  • 食欲がなくてドッグフードをあまり食べない時

このような時は、ドッグフードをふやかして与えるのが効果的です。

ドッグフードをふやかすことによって、消化・吸収にそれほど負担をかけません。子犬・老犬・体調不良で消化が悪い時は体に優しい食事になります。

また、ドライフードをふやかすことによって、ニオイが強くなります。犬はニオイで美味しさを感じる動物なので、ふやかしてニオイが立つことによって食欲がアップして、食いつきが悪い時もガツガツ食べてくれるようになります。

ドッグフードをふやかす効果

ドッグフードをふやかす効果(メリット・デメリット)をご紹介します。

メリット

ドッグフードをふやかして与えることによるメリットは、主に以下の点が挙げられます。

  • 消化の手助けにつながる
  • 最初から柔らかくしてあるので、食べやすい
  • フードと合わせて水分も摂取できる
  • フードそのものの香りを強く出すことで、食いつきアップ!

ドッグフードをふやかすメリットは「ふやかしたフードを与えるケース」でご紹介したとおりですね。

特に消化の手助け・柔らかくて食べやすいという点は、子犬や老犬には重要です。生後6ヶ月~10ヶ月、10歳以上の老犬で食べにくそうな場合は必ずふやかして食べさせてあげましょう。

年齢別に必要な栄養素や食べやすいドッグフードの選び方について、以下のページで詳しくまとめてあります。年齢別のおすすめドッグフードもご紹介しているので、ぜひご参考にしてみてください。

デメリット

ドッグフードをふやかすことのデメリットもあります。

  • 歯垢が付きやすい
  • 口が臭くなりやすい
  • かみ砕く力が低下する

フードの粘着性が上がるため歯垢・歯石がつきやすいというデメリットがあります。またフード自体のニオイも強くなるので口が臭くなりやすいというデメリットもあります。

上記のようなデメリットは、歯磨きをしっかりとしてあげたり、噛んで遊ぶ玩具やデンタルガムなど噛む力を鍛えるグッズで解決してあげてください。

デメリットもありますが、ワンちゃんの健康・体調を第一に考えると、メリットの方が遥かに大きいことです。

次の章では、ドッグフード本来の栄養を採り損ねないための、正しいふやかし方をご紹介します。

ドッグフードのふやかし方

お湯の温度に注意

ドッグフードをふやかす方法として、誰もが最初に思いつくのが、お湯を使うことではないでしょうか?もちろんそれは正解!ですが、1つだけ注意点があります。

ドッグフードにはたくさんの栄養素が詰まっていますが、水溶性ビタミンなど「熱に弱い成分」も含まれています。もしドッグフードをふやかす時に「熱湯」を使ってしまうと、そのビタミンやミネラルなど貴重な栄養素が破壊されてしまいます。また高熱は、たんぱく質の変性を引き起こして、嗜好性にも影響すると言われています。

熱湯の方がふやけるスピードは早いのですが、ドッグフードをお湯でふやかす場合は、50℃以下のぬるま湯を使いましょう。あらかじめ前の日に次の日の分のドッグフードをふやかしておく(お湯につけておく)のがいいでしょう。

お湯の量はうんちの状態を見て

ドッグフードをふやかすと、うんちが通常よりもゆるくなったりします。

基本的には、小さいボウルにドッグフードを入れて、全体が浸る程度のお湯の量です。

お湯の量とうんちの状態を観察して、ワンちゃんのベストな水分量を量って調節してあげてください。

お湯につける時間

ドッグフードの商品によって異なります。

当サイトでご紹介している「モグワンドッグフード」の場合は、約30分ほどでちょうどよい柔らかさ(=指でつぶれるくらい)になります。

「ご飯の時間なのに用意を忘れちゃった!」という場合は、お湯につける前にフードを細かく砕くとすぐに柔らかくなりますよ!

  • 50℃以下(理想は30℃~40℃)の白湯やぬるま湯を使う
  • お湯の量はドッグフードが浸るくらい。うんちの状態を相談
  • 時間はモグワンドッグフードで30分くらい

お湯を使わない方法

お湯を使ってドッグフードをふやかすための時間が無い!といった場合は、電子レンジを使ってふやかすことも可能です。

ドッグフードが浸るくらいの水を注いで、電子レンジで温めるだけなので簡単です。

ただし、愛犬に与える前に、ふやかしたフードが熱過ぎないか必ず手に取って確認することを忘れないようにしましょう。火傷してしまっては大変です。電子レンジの秒数を10秒単位で確かめながら調節すると上手に温められますよ。

また、お湯でふやかす方法でもご紹介した「フードを事前に細かく砕いて使う」と、より時間短縮につながります。

電子レンジを使うと、お湯を沸かす手間が省けて時間ももっと短縮できて忙しい人にはとっても便利ですが、加熱する際にムラが出てしまう(柔らかいところと硬いところができてしまう)場合があるので、時間に余裕があればお湯のほうがいいですね。

  • 水を使う
  • 水の量はドッグフードがひたるくらい
  • 時間は電子レンジやドッグフードによって異なるので細かい秒数(10秒単位)で様子をみながらかける

年齢や体調にあったドッグフードの与え方で健康的に!

ワンちゃんにとって、ドッグフードの1食は大きいです。

特に小型犬は1食抜いただけでも体重が減ったり元気がなくなったりします。それほど健康や生命の維持をドッグフードに依存しているということですね。

  • 子犬・老犬
  • 食いつきが悪くて困っている
  • 体調が悪くて優しい食事にしてあげたい

そんなときは、ドッグフードをふやかしてあげてください。犬の胃腸の負担を減らすことで驚くほどすぐに元気になったりするんですよ!

また、子犬・老犬といった年齢、食いつきが悪いという場合は、年齢に合ったドッグフード・食べやすいドッグフードに変えてみるといった工夫もしてみてくださいね。

こちらからシェアできます

おすすめNo.1「モグワン」が100円で試せる!

mogwan_100yen ※100円モニターのアンケートに「もし初回半額であれば『モグワン』の本商品(3,960円)を申込んでもいいという方」とありますが、必ず本商品を申込まなければならないということではありません。気に入れば初回半額(1,980円)で購入できますよ!という意味です。

ドッグフード選びでお困りのあなたに

ranking_link