1. ホーム
  2. 犬の病気
  3. ≫【犬の目の病気と症状】目が白い、目をこするときの対応は?

【犬の目の病気と症状】目が白い、目をこするときの対応は?

犬の目の病気やトラブルは、飼い主がひんぱんに見る場所だけあって、他の箇所の病気やケガよりも気がつきやすい部分です。

ですが、目に毛が覆いかぶさっていたり、シワが多い犬種の場合はちょっとした変化を見逃してしまうケースもあります。

今回は、犬の目の病気とその症状について細かくご紹介します。ワンちゃんの目がおかしいかな?と思った時に確認してみてください。

白内障

犬の目が白い・犬の目が白く濁るときは「白内障」をまず疑います。

白内障とは、目のピントを合わせるための水晶体というレンズが白く濁る症状です。光を通しにくくなるので、視力低下などの視力障害が起こります。

白内障の症状

白内障は、目の角膜奥にある水晶体が白く濁る症状です。そのため、瞳の奥が白く濁るような症状になります。黒目の表面全体が白くなるのは角膜のトラブルで白内障ではありません。

白内障になる年齢

白内障にも以下の3種類の原因があります。

  • 老年性白内障
  • 先天性白内障
  • 若年性白内障

老年性白内障は白内障の中でも最も多い原因です。加齢とともに水晶体が濁ってくる症状で、人間も年をとると白内障になりやすくなります。犬の場合、早い犬だと7歳くらいから白内障の症状が出始めます。

老年性白内障は加齢が原因なので、人間と同じく完治を目指すことはできません。基本的には点眼薬によって症状の進行を遅らせる治療をします。

人間と同じで人工レンズに入れ替える手術もできますが、体に負担が大きく費用もかかります。手術するかどうかは犬の年齢によるところも大きいので、獣医に相談して決めるとよいでしょう。
参考【犬の白内障対策】飼い主の注意で白内障は防ぐことができる

先天性白内障や若年性白内障は若い内から白く濁る症状です。両目とも見えない状態であれば人工レンズの入れ替え手術が有効です。

ですが、犬は嗅覚や聴覚の依存度が高く、人ほど視力に頼った生活はしていません。白内障で視力が低下したとしても、実生活に問題がなければ、点眼薬の治療で留めておくのも選択肢のひとつです。

角膜の炎症

目をこする、目ヤニが多いといった症状が出たときは、角膜の炎症を疑います。

角膜が炎症するときは

  • 何らかの目の病気
  • 角膜を傷つけた
  • 角膜に細菌が入った

といった可能性が考えられます。

目ヤニもこげ茶色のような目ヤニなら普段の生活でも出るし、チリやホコリなど多い場所を散歩させた後などは目ヤニの量も多くなります。

ただ、黄色の膿のような目ヤニが出たり、チリやホコリが多くないのに目ヤニが大量に出る場合は、何らかの感染や病気を疑うべきです。角膜の病気やケガは症状がひどくなると完治が難しくなるので、早めに動物病院(獣医)で診察してもらいましょう。

目の白目が黄色い

肝臓の疾患や溶血などによって白目が黄色くなることがあります。黄疸(血液中のビリルビンが増加して皮膚や目が黄色くなること)を起こしている状態です。

滅多に起こる症状ではありません。また、もともと白目は「真っ白」というよりも「若干くすんだような白」なので、日頃から白目の状態は見ておくようにしましょう。

まぶたがおかしい

人間と同じで、犬のまぶたの周りには「分泌腺」があります。この分泌腺に細菌が入って炎症を起こすと「ポコン」と腫れたりします。「ものもらい」といういやつですね。

人間と同じくものもらいも痒くなりますが、犬は自分で我慢することができません。放っておくと炎症箇所を痒がってどんどん症状がひどくなる場合があります。ものもらいがそのまま固まって稀に悪性腫瘍になるケースもあるので、まぶたがおかしいときは動物病院(獣医)で治療を受けましょう。

なお、バセットハウンドなどタレ目の犬はものもらいになりやすい犬種です。まぶたが常にめくれているような状態なので、ホコリや細菌が入りやすいためです。犬の体質によっては常に点眼が必要な場合もあります。

目の周りが赤い・黒い

目に発生する症状は、直接的な目の疾患だけではありません。食材(給餌)アレルギーでも目の周りが赤くなったり黒くなったりする場合があります。

目の周りの他に

  • 耳の周りが赤い、黒い
  • 皮膚が炎症してる(痒がる)
  • お腹の調子が悪い
といった症状がある場合は、食べているドッグフードが合わないためのアレルギー症状の疑いがあります。獣医で診察してもらって目に異常がないときは、食材のアレルギー対策が必要です。

参考皮膚炎や涙やけドッグフードのアレルギーを見極める方法と対策

犬の目の病気のまとめ

犬の目の病気は気がつきやすい症状が多く、毎日愛犬の顔を見れば早期に発見できることがほとんどです。目の病気は放っておくと悪性腫瘍などにつながるケースもあるので、異変に気がついたときはすぐに獣医で診察するようにしましょう。

ただ個人的に、老年性白内障については完治を目指さなくてもいいと考えています。

犬は人間ほど目に頼った生活をしていません。今まで見えていたものが見えなくなる不都合はありますが、徐々に見えなくなる中で嗅覚や聴覚を自然と利用するようになります。

犬が高齢であることと体への負担を考えた時に、人工レンズへ入れ替える手術が最善手とは限りません。もちろん、最終的な判断は獣医との相談になりますが、点眼で白内障の進行を遅らせることが犬にとっても飼い主にとっても一番いいケースになることがあるということです。

こちらからシェアできます