1. ホーム
  2. 犬の病気
  3. ≫犬の耳のトラブル外耳炎、中耳炎、内耳炎いろいろな病気がある

犬の耳のトラブル外耳炎、中耳炎、内耳炎いろいろな病気がある

犬が自分の耳を後ろ足で掻いたり頭をブンブン振るようなしぐさを見たことありませんか?

犬はお手入れの一貫として耳を掻くことがありますが、あまり頻繁にやりすぎると細菌が入って炎症を起こしたりします。また、耳が垂れている犬種は耳の通気性が悪いので耳の病気になりやすいです。

今回は、犬の耳のトラブルについて、その症状と対策をご紹介します。

犬の耳のトラブル(病気)

人間と同じく犬の耳のトラブルも以下の3つの病気が多いです。

  • 外耳炎
  • 中耳炎
  • 内耳炎

もっともかかりやすく治しやすい病気が「外耳炎」ですが、癖になると再発が多くなるし、中耳炎・内耳炎といった病気につながる可能性もあるので、早期発見・早期対策が重要です。

外耳炎

外耳炎は犬に多いトラブルです。

犬は耳も毛で覆われています。特に耳が垂れている犬種だと通気性が悪く、細菌が溜まりやすい場所となるからです。

外耳炎の症状

外耳炎になると、耳を後ろ足で頻繁に掻いたり頭をブルブルと振るしぐさが多くなります。犬の性格にもよるので、外耳炎の程度は飼い主が耳を注意深く見る必要があります。

外耳炎は

  • 耳の汚れ
  • 赤くなっているかどうか
  • ニオイ
  • 痒がる程度

によって判断します。獣医じゃなくても見分けることはできるので、日頃からワンちゃんの耳を見ておくと変化がわかりやすいでしょう。

外耳炎の注意点

外耳炎は治しやすい耳の病気ですが、皮膚が弱い犬は再発が多い病気でもあります。そのため、治ったと思っても、耳を掻くクセをやめさせたり定期的にクリーニングするなどの注意が必要です。

外耳炎がひどくなると、綿棒が入らないほど耳の奥の「外耳道」が腫れてしまう場合もあります。こうなると症状の悪化が進み、腫れてしまった部分から膿を取り出す手術が必要になります。しかも鼓膜に近い外耳では手術ができない場合もあります。

そうならないためにも、犬が耳を痒がったりするサインを見逃さず、早期発見・早期治療を心がけましょう。

外耳炎の対策

外耳炎になったときは、獣医で塗り薬などをもらいます。耳の入口付近なら指で塗ることもできますが、少し奥の方の炎症のときは綿棒などが必要です。

症状がひどくなければすぐに治りますが、その後の再発を防ぐために

  • 耳を掻くクセがあるならやめさせる
  • 綿棒で定期的にクリーニングする

といった対策が必要です。

綿棒の先を濡らして軽く外耳を掃除します。犬用の耳掃除グッズも販売されているので、そういったものを利用するのもよいでしょう。

参考犬の耳掃除の参考記事はコチラ

中耳炎

中耳炎とは、鼓膜の中の鼓室・鼓膜・耳管などの炎症のことです。

犬の中耳炎は少ないのですが、鼻が弱い犬が鼻炎を悪化させたり、何らかの原因で鼓膜に穴が開いたりして細菌が耳奥に入ると、そこから化膿して中耳炎になることがあります。

中耳炎は症状としてはわかりにくいです。外耳炎や鼻の病気の延長で見つかることが多く、特徴的な症状がありません。

外耳とは違って外科的な治療ができないため、抗生物質などで治療するのが一般的です。

内耳炎

内耳炎は、半規管・蝸牛(かたつむりのようなぐるぐるした器官)のトラブルです。脳に近い器官で、体のバランスを保つための重要な器官でもあります。

内耳炎の症状

犬が内耳炎になると平衡感覚に支障がでます。まっすぐ立てなくなって、左右の異常のある耳のほうに体が傾きます。

  • 首が傾く
  • フラフラと歩く
  • 眼球が左右にブルブルする
  • 倒れ込んで立てなくなる
  • 嘔吐

といった症状が見られます。

人間でいえば、その場でくるくる回転して、平衡感覚がなくなってフラフラしたような状態だと思ってください。この状態が続くのは、体にも負担が大きく衰弱が激しいため、早急な治療が必要となります。

てんかんなどの発作のあともフラフラと歩き回ることがありますが、てんかんとは違い脳ではなく耳の治療が必要です。いずれにしても、飼い主が見て明らかにフラフラと症状がおかしいことがわかるので、一刻も早く動物病院(獣医)で診察を受けましょう。

内耳炎の治療

内耳のトラブル(内耳炎)は、投薬治療や抗生物質の注射などでほとんどの症状が改善します。

もともとの症状がひどい場合は完全にまっすぐ立てるまで回復しない場合もありますが、多少体が傾いたままでも日常生活に支障がなければ問題にはなりません。

耳が聞こえてないトラブル

犬の聴覚のトラブル(耳が聞こえていない)は、飼い主が気づきにくい症状です。

というのも、両耳が同時に聞こえなくなることはほとんどありません。犬は聴覚が鋭いので、片方でも聞こえていると人間以上に聞き分けることができるため、飼い主が気づきにくいんです。

犬の耳が聞こえなくなった場合、外耳にも中耳にも異常がないときは、内耳の音を拾う神経のトラブルや、内耳や脳の腫瘍を疑います。

腫瘍ならMRIやCTで見つけることは可能ですが、場所が場所だけに手術では治しにくい病気です。また、耳が聞こえにくくなる神経のトラブルも決定的な解決方法がないのが現状です。

耳のトラブル(病気)の予防策

耳のトラブルを防ぐためには、日頃のケアが重要です。

中耳炎も内耳炎も、外耳炎が原因でひどくなることが多く、外耳炎にならないことが耳のトラブル全般の予防策になります。

  • 週1回くらいは耳の中をチェックする
  • 耳付近の毛は通気性がよくなるようにカットする
  • 定期的に耳掃除をする

といったケアを心がけましょう。

特に耳が垂れている犬種は、耳をしっかりまくってチェック・掃除してあげてください。

こちらからシェアできます