1. ホーム
  2. 犬の基礎知識
  3. ≫狂犬病の予防接種は必要?ワクチン注射が必要な本当の理由

狂犬病の予防接種は必要?ワクチン注射が必要な本当の理由

狂犬病とは狂犬病ウィルスを原因とする感染症で、すべての哺乳類に感染します。そしていったん発症すると100%死亡する恐ろしい病気です。

すべての哺乳類ということは、私たち人間にも感染・発症します。そのため日本では、狂犬病の予防接種(予防注射)を毎年受けることが法律で義務つけられています。

ですが、犬の飼い主の中には「今はもう日本には狂犬病はないから必要ない」とか「ムダに搾取されているだけだ」といって予防接種を受けない人もいます。

たしかに、1957年のネコの発症を最後に、日本では狂犬病を診察された動物はいません。事実上、日本では根絶された病気であるといえます。

とはいえ、狂犬病の予防接種は今でも絶対に必要です。私は動物病院や厚生労働省のまわし者ではありません(笑)が、狂犬病の予防接種が必要だというのには2つの大きな理由があります。

狂犬病の予防接種が必要な理由

狂犬病の予防接種が必要な理由、まずひとつめは「保険」です。

狂犬病は世界ではまだまだ危険な病気

世界を見ると、狂犬病はアジア・アフリカを中心にまだまだ危険な病気で、狂犬病で毎年6万人近くの人が死亡しています。動物ではなく人間が死亡しています。

現代はグローバル化の時代で、その傾向は年々進んでいます。人も物も動物も自由に行き来する時代です。いつまた海外から狂犬病が上陸するかわかりません。

狂犬病が恐ろしい理由は死亡率と潜伏期間にあります。

死亡率の恐ろしさは前述したとおり、発症したら100%死亡します。治療法もありません。

また、潜伏期間も狂犬病の感染率を高めている原因です。というのも、狂犬病の潜伏期間は60日~90日と言われていて、狂犬病ウィルスが体の中に入っても自覚症状が出るまで2,3ヶ月かかります。自覚症状が無いため自分でも気がつかないうちに感染するという恐ろしさがあります。

予防接種は感染したときの保険

狂犬病はハムスターなどの小さい哺乳類にも感染します。いくら日本の入国時チェックが厳しいものでも、すべての小動物を完璧に検査するのは不可能です。ハムスターのような小動物から狂犬病が国内に入り、野生動物の多い地域で発生してしまった場合、再び常在化する恐れがあります。

そこで、そういった不足の事態に備えて、せめて人間の手で管理できる動物だけは予防しておきましょうというのが国の方針です。

私はこの方針に賛成です。

予防接種は病気という危険に対する保険です。

たとえば「自分は絶対に事故を起こさないから」といって、任意保険に入らない自動車のドライバーがいたらどうですか?かなり無責任だと思いませんか?しかもそういう人に限って事故を起こしたりします。

自動車事故も感染症の病気も、自分(自分の犬)だけでなく他人(他の犬)の命を奪う可能性があります。それを未然に防ぐことは決して行き過ぎた対策とは思いません。

危機感が薄れたときこそ危険なんです。

予防接種は動物病院の共済保険のようなもの

狂犬病だけではなく、犬の予防接種の料金はもっと安くならないのか?という意見があります。確かに、私も犬を飼い始めた当初はそう感じていました。

ですが、予防接種による動物病院の収入は、自分の犬が大怪我・大病を患った時の治療や、犬の終末医療のためには無くてはならないものなんです。これが狂犬病の予防接種が必要なもう一つの理由です。

犬の治療は大赤字

動物病院(獣医)には、治すのが難しい病気や大怪我を負った犬が多数来院します。

難しい病気・ケガが大きくなるほど、治療に必要な設備・薬などの消耗品・スタッフの人数・治療時間を必要とします。そしてこれは、飼い主ひとりの治療費だけではとても払いきれません。

たとえば、重度の病気を抱えた犬を手術・治療したとします。手術する獣医が1人・スタッフが2人いたとして、まずその日の人件費が3人分丸々かかります。もちろん手術に使った設備・薬もです。その後のケア・入院費などのを考えると莫大な金額になってしまいます。ちょっとは利益にならないと獣医やスタッフの生活が成り立ちません。

もちろん今でも犬の治療費は高いですが、上記のような重病の犬の場合、飼い主が払う金額の何倍、何十倍もの治療費がかかっているんです。

予防接種は共済保険

つまり、多くの動物病院は、日々の予防接種で得た収入で、重症や大ケガの治療にかかる費用を補っているわけです。

「そんなものは病気やケガをした飼い主がすべて払えばいいだろう」というのはちょっと横暴です。いつ自分の大事な愛犬が病気やケガになるかはわかりません。そんな時に、100万円以上の治療費を請求されて果たして払えるでしょうか?

この仕組みは人間の「共済保険」のようなものです。

病気やケガを全くしない人(犬)にとっては損してしまいますが、他の人(犬)の命を救っていることでもあります。そして万が一、自分の愛犬が病気になったりケガをした場合の助けにもなります。

最初にも言いましたが、私は動物病院(獣医)のまわし者ではありません(笑) 私も犬の飼い主なので、できるだけ治療費が安い方がいいです。予防接種だけではなく、心電図やレントゲンだけでも「高い!」と思う時があります。

ですが、上記のような仕組みを知ったとき、自分の治療費が誰かのワンちゃんを助けているかもしれないと知ったとき、犬の高い治療費も納得できるようになりました。

狂犬病の予防接種の必要性のまとめ

  • 狂犬病は海外ではまだまだ危険な感染症
  • いつ再び国内で広まるかわからない
  • 再び広まったときの予防・保険
  • 予防接種の治療費が他の犬を助けている

「予防接種の費用が高いな」「必要あるの?」と思っている人も、ぜひ上記のような予防・保険になっているということを理解してください。

自分の犬を守る・他の犬の助けになる。生き物を飼う人の務めであると思います。

こちらからシェアできます