1. ホーム
  2. 犬の生活、行動
  3. ≫【犬のトイレのしつけ】トイレの場所を確実に覚えさせる手順

【犬のトイレのしつけ】トイレの場所を確実に覚えさせる手順

室内で犬を飼うときに、絶対に覚えさせなければならないのがトイレの場所です。

ところかまわずオシッコやウンチをされたら部屋中臭くなってしまうし、人がうっかり踏んでしまうことが頻繁に起こってしまいます。

よく、室内飼いでも、外(ベランダや庭)でトイレをさせる人がいますが、正直おすすめできません。

犬が外に出るまでウンチやオシッコを我慢するため、膀胱炎や腸閉塞などのリスクが高くなります。また、犬をイチイチ外に出す面倒もあるし、雨の日などはトイレの後に部屋に入れるのも一苦労です。

犬も人も楽をするためにも、室内で飼う犬には、室内でトイレをするようにしつけてください。

今回は、室内で飼う犬にトイレの場所を確実に覚えさせる手順(教え方)をご紹介します。

トイレのしつけで叱るのはダメ

まず大前提なのが、トイレのしつけで叱ってはいけません。

「粗相した場所(間違ってオシッコやウンチをした場所)に顔を擦り付けて叱る」なんて情報を目にしたことがありますが、言語道断。虐待のなにものでもありません。

犬は人間のように、今さっきまでの行動と、今現在の状況を結びつけて判断するようなことができません。オシッコやウンチをした後に叱られても、何で叱られているか理解できません。犬を必要以上に怯えさせるだけです。

犬は叱らなくても、しっかりトイレの場所を覚えます。

粗相したときに叱るのではなく、ちゃんとトイレの場所でオシッコやウンチをしたときに褒める。これがトイレのしつけの基本です。

犬のトイレのしつけの手順

犬のトイレのしつけの手順です。

  • トイレをサークルなどで囲う
  • トイレシートは2枚使う
  • オシッコやウンチをする素振りを見せたらトイレに抱っこして連れて行く
  • オシッコやウンチをしている最中でもトイレに連れて行く
  • オシッコやウンチをした後なら諦める
  • トイレでオシッコをしているときに掛け声をかける
  • トイレでちゃんとできたらしっかり褒める

トイレをサークルなどで囲う

犬にトイレの場所を明確にするために、トイレの場所をサークルなどで囲います。

子犬のころは、サークル内にトイレ・寝床・水やドッグフードを置く場所を作ってあげるとしつけがしやすいです。成犬になっても「サークル内が自分のテリトリー(領域)」という場所があると犬も安心します。また、留守番のときなどは、サークル内にいることを習慣づけると、犬も安心するし人も楽です。

トイレシートは2枚使う

トイレシートを2枚使うというのは、1枚は新しくてもいいのですが、1枚は一度オシッコをしたシートを片付けずにそこに置いておくという意味です。

最初の頃、犬はニオイでトイレかどうかを判断します。そのため、あえて使用済みのシートを置いておくことで、オシッコのニオイで「ここはトイレだ」と判断するようになります。

この方法はトイレを覚えさせる時間を早めるので、ぜひ覚えておきましょう。

オシッコやウンチの素振りを見せたらトイレに連れて行く

トイレを覚えるまでは、どうしてもその辺でオシッコやウンチをしていまいます。それでも、注意して犬の行動を見ていると、オシッコやウンチをしたいときは何となくソワソワしています。

そのサインを見かけたら犬を観察して、犬が踏ん張ったりオシッコをしそうな瞬間に、犬を持ち上げてトイレに連れて行きます。

持ち上げた途中にオシッコをしてしまうこともありますが、子犬のオシッコの量は大したことありません。必ずトイレシートの上に置いてやります。

犬にトイレの場所を覚えさせるには、これが最も有効な方法です。

オシッコやウンチの最中でもトイレに連れて行く

オシッコやウンチの最中でもトイレシートの上に連れて行きましょう。

犬は、現時点でやっていることの意味を理解することはできます。オシッコやウンチをするときに何回もトイレシートの上に連れてこられると「ウンチやオシッコをしたくなったらこの場所」と覚えます。

最初の頃はなかなか覚えてくれませんが、根気よく続ければ必ずトレイの場所を覚えてくれます。

ちなみにうちのワンちゃんは、トイレの場所は本当に覚えが早くて、2,3回連れて行くしつけをしただけでトイレの場所を覚えてくれました。

オシッコやウンチをした後なら諦める

最初にも言いましたが、オシッコやウンチをした後は諦めてください。そこで犬を叱っても意味がありません。

なお、オシッコやウンチをした場所は、必ずキレイに拭き取って、犬用の消臭剤(消臭スプレー)などでニオイも消してください。

犬は人間の70倍の嗅覚を持つと言われています。キレイに拭き取ったつもりでも、そこにオシッコやウンチのニオイがついていると、次もまた同じ場所で粗相してしまいます。

オシッコやウンチのニオイがする場所はトイレだけにすることも重要です。

トイレでオシッコをしているときに掛け声をかける

トイレでオシッコをしているときに「シーシー」や「オシッコオシッコ」などと掛け声をかけるようにします。

これは犬によって個体差があるのですが、うまくいくと「シーシー」や「オシッコオシッコ」というだけで、オシッコをするようになります。

こちらの指示でオシッコをしてくれるようになると、長時間外に連れ出したりするときに非常に楽です。例えば、車で遠出するときに、途中のサービスエリアなどで「シーシー」と指示してオシッコをしてくれると、犬にトイレを我慢させる必要がありません。

トイレでちゃんとできたら褒める

トイレを覚えたての頃は、トイレでしたり粗相をしたりと交互になることもあります。

そのときは、粗相を叱るのではなく、トイレでちゃんとした直後にしっかり褒めてあげましょう。

よく、褒めるのにオヤツを使うといった情報もありますが、トイレを覚えさせるのにオヤツは必要ありません。頭を優しくなでてあげたり、「よしよし」「いいこいいこ」と声をかけるだけでも犬は喜びます。こちらの優しく褒めている雰囲気をちゃんと察してくれます。

トイレをした後にオヤツを与えると「トイレでオシッコやウンチをする=オヤツをもらえる」と覚えてしまうリスクがあります。

犬のトイレのしつけのまとめ

今回は、犬にトイレの場所を教える手順をご紹介しました。

  • オシッコやウンチをしそうになったらトイレシートの上に連れて行く
  • トイレで上手くできたら優しく褒めてあげる

少し時間がかかりますが、上記を繰り返すだけで必ずトイレの場所を覚えてくれます。

今回ご紹介した内容をご参考にして実践してみてください。

こちらからシェアできます