1. ホーム
  2. 犬の保険
  3. ≫【ペットの保険】犬の治療費や保険料の概要

【ペットの保険】犬の治療費や保険料の概要

犬がシニアになると、気になるのが医療費。

年に1回の予防接種や検査などで3万円。手術に50万かかったなんて話も聞きます。通院があまりに長引くと、預金が底をついてしまうのではないかと不安にもなりますよね。

犬を飼い始める時、値段も気にして犬種を選んだとしても、医療費がいくら必要になるかは飼い始めるときにはわからないことです。

そこで今回は、

  • 犬の医療費について大まかな傾向
  • 入院したときの入院費・治療費
  • ペット保険には加入をした方がいいのか

などをまとめてみたいと思います。

医療費の平均料金

入院を伴う病気の場合

シニア犬にとって、必ず必要なのが医療費の備えです。万一のために今からでも少しずつ貯めておきたいところです。

ペット保険のサイトが算出した平均費用は

  • 初診料:1,200円
  • レントゲン:4,000円
  • 点滴:3,000~4,000円
  • 入院料:小型犬で一泊2,700円
  • 手術費用:41,000円

もちろん、病気や病気の進行状況によって異なりますが、1回の治療だけで上記の料金がかかります。

また、宿泊費、検査費、点滴&投薬などは、日数が続けばその分料金もかかります。退院後に通院する費用も必要になるでしょう。

実際に、私の知り合いの犬の飼い主も、愛犬の乳腺腫瘍手術で、入院から退院まで合計10万円かかったという事案もありました。

月々にかかる医療費

入院などを伴わない、犬全体の月々にかかる医療費は、2016年度は57,129円という結果でした。月々4,760円の計算です。もちろん、健康で獣医にまったくお世話にならない犬もいますが、平均すると結構費用がかかってるんですね。

上記の平均でいえば、毎月5,000円貯めておくといいかもしれませんね。5年で30万ほど溜まりますから、手術と通院代にいざというとき使えます。

でも、ワンちゃんが重篤な病気になったとき、手術は1回で済むとは限りません。決してこれで全てが賄える訳ではないでしょう。何度も手術をするリスクを考えれば、ペット保険の加入も選択のひとつです。

ペット保険の保険料

ペット専用保険が人気

ペット保険は、au損保、アクサダイレクトなど自動車保険などでお馴染みの企業が、ペット保険も取り扱っています。ですが、全体で見るとペット専門の保険会社の方が多く、人気があるのもペット専用保険です。

ペット保険の加入年齢

業界1位のシェアを誇るのはアニコム損害保険株式会社。2位はアイペット損害保険株式会社です。

ペット保険には人間と同じように、加入年齢制限があります。ちなみに業界1位のアニコムは7歳11か月まで、業界2位のアイペットは12歳11か月までです。

手軽な金額から加入できると宣伝していても、保険料の支払は犬が1つ年を取るごとにほとんどの場合が引き上げられます。

0歳と12歳では保険料は3倍以上

アイペットは手術費用に特化したタイプと、通院までカバーするタイプがあります。

手術費用特化のライトプラン
  • 月々:990円~
  • 補償:手術費用の90%
  • 12歳になると月々4,540円と割高
手術費・通院費用も受けられるタイプ
  • 月々:2,810円~
  • 通院費:全額補償
  • 手術費:手術費用の70%
  • 12歳になると月々17,360円と割高(※大型犬)

年齢とともに保険金額が高くなるのは犬も人間も同じですが、犬のペット保険の場合は割高感が大きいですね。

犬種で保険料が異なる

アニコムの場合は犬種がA~Eに分類されています。

通院・入院・手術に対応した支払割合が50%のプランは月々2,450円~、7歳の場合は月々3,820円です。また犬種別では保険料に1.5倍の差が見られます。

支払割合70%のプランは0歳3,270円~。アイペットの70%プランが2,810円~なので、ややお高めですね。

10年間で払う保険料は小型犬で60万

自分でペット医療費として貯金した場合と、ペット保険に加入する場合では、どちらがいいのでしょうか?

例えばアイペットの70%補償プランを見てみると、小型犬が0歳~12歳までに支払う保険料は、平均で月々約5,000円になります。10年間で支払う金額は60万円です。対して、補償費用の最高額は年間最大122.4万なので、高額医療が必要になった場合は助かりますね。

10年間のペット保険料:60万円 < 年間高額医療の負担122.4万

ただし通院や手術費用があまりかからなかったとき、貯金なら食事代や電化製品などに回すこともできます。それと考えるとどうしても保険の掛け捨ては、もったいない気がして迷うところです。

ちなみに8歳から加入した場合、12歳までに支払う月々の平均保険料は約7,500円にUP。5年間で45万円ほどになります。

手術に特化したタイプだと10年で30万

手術に特化したライトタイプも計算してみましょう。

0歳から加入した場合、12歳までに支払う保険料の月々の平均額は2,455円です。10年間の合計は約30万円。これが8歳から加入し12歳まで支払う場合ですと、平均は月3,706円にアップし、5年間の支払合計は約22万円になります。

補償の最高額は100万円

補償の最高額は手術1回50万円で年2回まで可能とあります。単純計算すれば100万円になりますが、受け取り条件がいろいろとあるので正確なところはわかりません。

保険金が支払われない例として、治療費以外(シャンプー代など)と記載されているので、手術に関わるもろもろの入院諸費用は一応申請できるのでしょう。ただし通院や連続してない入院は対象にならないとあります。

ペット保険のまとめ

今回はペット保険の概要について簡単にまとめました。

人間の保険も犬の保険も、使う機会がなければ掛け捨てで損をしてしまいます。

ですが、病気やケガばかりは気をつけていても、なるときはなります。日頃の体調管理に気をつける、健康に良い品質の高いドッグフードを与えるなどで防げる病気はありますが、病気になる確率を低くすることはできますが、ゼロにすることはできません。

万が一の時、お金がないからといって、可愛いワンちゃんに治療を受けさせてあげられないことほど悲しいことはありません。また、お金をなんとか捻出できたとしても、一時的に高額な出費となってしまいます。

万が一に備える。それが保険です。

愛犬を家族の一員として考えるなら、人間と同じように保険の加入も検討した方がいいかもしれませんね。

こちらからシェアできます

おすすめNo.1「モグワン」が100円で試せる!

mogwan_100yen ※100円モニターのアンケートに「もし初回半額であれば『モグワン』の本商品(3,960円)を申込んでもいいという方」とありますが、必ず本商品を申込まなければならないということではありません。気に入れば初回半額(1,980円)で購入できますよ!という意味です。

ドッグフード選びでお困りのあなたに

ranking_link