1. ホーム
  2. 犬の病気と食事
  3. ≫犬の発熱!熱の測り方・対処方法と熱があるときの食事について

犬の発熱!熱の測り方・対処方法と熱があるときの食事について

犬の平熱は、大体38.5℃~39.5℃です。

人間の平熱が35℃~36℃後半くらいですから、それに比べるとやや高めですね。

犬は毛で覆われているので、体を毛の上から触っただけでは体温はわかりません。明らかに熱があるときは、毛の薄いお腹を触るとわかることもありますが、正確に測るためにはちょっとしたコツがあります。

犬は人間のようにちょっとの体調不良では発熱しません。そのため、犬が熱を出しているときは、放っておいてはいけない状態であると認識してください。

今回は、犬の体温の測り方と、犬の熱がある場合、逆に体温が低い場合の対処方法についてご紹介したいと思います。また発熱がある場合の食事についてもご紹介します。

犬の体温の測り方

まずは犬の体温の正確な測り方を覚えましょう。

体温の測り方

犬の体温は、体温計を肛門に2~3センチ差し込んで測ります。

人間用の体温計でも測ることができますが、犬が動いても大丈夫なように先が柔らかくなっている犬用の体温計も販売されています。それほど高いものではないので、犬用の体温計を買っておいてもいいでしょう。

肛門に差し込むときは、使い捨てのカバーをかぶせると測りやすいです。清潔さも保てます。

肛門を嫌がる犬には耳に挿入して測る体温計もあります。ですが、より正確に体温が測れるのは肛門に入れる方法です。

平熱を把握しておく

体調が悪くなったときに体温を測っても、それが熱があるのかないのか判断がつきません。40度以上あれば間違いなく熱がある状態ですが、それ以下の場合は個体差があるからです。

最低でも半年に1度、犬の体温を測って元気なときの平熱を把握しておきましょう。

小さい頃から体温を測るクセをつけておけば、ワンちゃんもそれほど嫌がりません。

犬の飼い主の中には、ちゃんと体温を測らずに「(なんとなく)熱がある!」といって病院に駆け込む人も少なくないそうです。そして、その半分以上が「気のせい」だったりします。

犬は、体の表面温度が高くても体の中の体温は低かったり、逆に触った感じ熱くなくても測ってみたら結構熱があったという場合もあります。

そういった勘違いや見過ごしを防止するためにも、普段から犬の体温を測っておいて平熱を把握しておくことが大切です。

犬の体温が高い場合(発熱)

発熱を伴う病気は「犬ジステンバー」や「レプトスピラ症」などの感染症がありますが、日本でペットとして飼われている犬の場合、そのケースは少ないです。

必ず熱がでるわけではありませんが、熱があるときは以下の症状の疑いがあります。

  • ひどい下痢
  • 腎臓・肝臓の疾患
  • 外傷・関節の痛み
  • てんかん発作
  • 熱射病、熱中症

熱があっても、快眠・快便・快食で、熱以外にこれといった症状がない場合は少し様子見でもいいかもしれません。また、犬は運動したり興奮したりすると一時的ですが熱が上がります。これは、人間のように汗で体温調節できないので、熱の下がりが遅いからです。

ですが、犬が40度を超えるような高熱をだすことは珍しいことなので、肛門から体温を測って平熱を明らかに超えているなら、獣医(動物病院)にすぐに連れて行くことをおすすめします。

犬の体温が低い場合

犬の体温低下は、かなり体調が悪い状態です。

体温が高いときよりも深刻なケースが多く、内臓疾患・外傷などの病気やケガにおいて、命の危険もある重篤な状態の可能性もあります。

38度を下回って、37.5度を切るような状態は何らかの危険なサインです。そのくらいになると、見た目からして元気のない状態になっているはずなので、すぐに動物病院(獣医)に連れて行ってください。

あまり体温が低いと「低体温症」となっていきなりショック死してしまう場合もあるので、応急処置が必要です。

体温が低いときの応急処置

ペットボトルに40度くらいのお湯をいれて、タオルを巻いて犬のそばに置いておきます。人間用の湯たんぽがあるならそれでもいいでしょう。あまり密着しすぎると低温やけどになってしまうので、注意が必要です。

犬の体を温めつつ、そのまま動物病院に連れて行きましょう。

犬が発熱した場合の食事(ドッグフード)

犬が体調不良などで発熱した場合は、ドッグフードもあまり食べない可能性があります。

1回2回嫌がるなら無理に食べさせなくてもいいですが、熱が続く場合は体力の消耗も激しいので、できれば食べさせて体力をつけさせたいです。

もちろん体調不良で胃腸も弱っているので工夫が必要です。

ドッグフードを細かく砕く

ドッグフードが大きい状態だと食べにくいし消化に時間もかかります。消化に時間がかかるということは胃腸の負担も大きいです。

大きい粒のドッグフードの場合は、すり鉢などで粒を細かく砕いてから与えるといいでしょう。完全にすり潰すのではなく、三等分、四等分になるくらいです。

モグワンドッグフードのように、もともと粒の小さいドーナツ形状のドッグフードなら胃腸の負担も少ないのでおすすめです。

モグワンドッグフード
粒が小さくて栄養バランスも整っているのでおすすめのドッグフードです

ドッグフードをふやかして与える

ドッグフードをふやかして与えるのも効果的です。

ふやかすことでニオイが立つ(ニオイが強くなる)ので、犬にとっては食欲が上がります。犬は嗅覚で美味しさを判断するので、食欲がない犬に効果的です。

またふやかすことで消化もしやすくなるので、胃腸の負担も少なくて済みます。

ただし、ドッグフードをふやかすと細菌が繁殖しやすい状態になるので、食べ残したドッグフードは取っておかずに捨てるようにしてください。

犬の発熱と対処法のまとめ

  • 平熱は38.5℃~39.5℃
  • 肛門に体温計を差して測る
  • 体温が高い(熱がある)ときは症状を見て獣医へ
  • 体温が低いときは体を温めながら一刻も早く獣医へ
  • ドッグフードは細かく砕くorふやかして与える

通常、体温低下に気づく前に、体調不良や元気がない状態に気づくはずです。

普段から平熱を把握しておいて、体調が思わしくなさそうなら体温を測って確かめてみる、というやり方でチェックするようにしましょう。

記事の途中で紹介したモグワンドッグフードは、100円で2回分試せるサービスがあります。小粒で栄養バランスが整っていて、人間も食べられる食材のみで作っている安全なドッグフードなので、ぜひ試してみてください。

モグワンが100円で試せるサービスはこちらで注文できます

こちらからシェアできます

おすすめNo.1「モグワン」が100円で試せる!

mogwan_100yen ※100円モニターのアンケートに「もし初回半額であれば『モグワン』の本商品(3,960円)を申込んでもいいという方」とありますが、必ず本商品を申込まなければならないということではありません。気に入れば初回半額(1,980円)で購入できますよ!という意味です。

ドッグフード選びでお困りのあなたに

ranking_link