1. ホーム
  2. 海外のわんちゃん事情
  3. ≫海外でも人気のデザイナードッグ犬種と問題点は?

海外でも人気のデザイナードッグ犬種と問題点は?

皆さんは、デザイナードッグをご存知ですか?

アメリカではデザイナードッグの人気は年々高まってきていますが、人気がでてくるにつれて、テレビや雑誌などのメディアでは賛否両論、様々な意見があるようです。

日本でもデザイナードッグの人気はあがってきているようで、飼おうかなと検討されている人も多いと思います。

ユニークでとっても可愛い一方、病気にかかる健康問題でのリスクもあるので、悩んでいる方はデザイナードッグを飼う前に参考にしていただければと思います。

デザイナートッグとは

デザイナードッグとは異なるピュアブリードの両親をもつミックス犬です。

簡単にいうと雑種ということなのですが、デザイナードッグは人気に合わせてブリードをさせており、両親の犬種がしっかりと判別されています。だいたいの場合は、2種類の犬種の名前を混ぜてネーミングされています。

「デザイナー」という名称のとおり、容姿を目的とした掛け合わせなので、犬の健康面も問題からも、現時点では賛否のある配合となっています。

デザイナードッグの種類

アメリカで人気のあるデザイナードッグを紹介します。

インターネットで名前を入力すると写真が出てくるので、デザイナードッグがどのような容姿なのか分かると思います。

ワンちゃんによってはきっちり半分の特徴をもっている子もいれば、一方の犬種の特徴が強くでていることもあります。

例えばプードルを片親にもつデザイナードッグは、プードルの特徴的なふわふわくるくるしている毛質を持ってい生まれてくることが多いです。

ゴールデンドードル(Goldendoodle)

ゴールデンレトリバーとブードルのピュアブリードの両親を持つ犬をゴールデンドードルとよびます。

パグル(Pugle)

パグとビーグル

コッカプー(Cockepoo)

コッカースパニエルとプードル

ゴルダドー(Goldador)

ゴールデンレトリバーとラブラドールレトリバー

チョーキー(Chorkie)

チワワとヨークシャーテリア

ポムスキー(Pomsky)

ポメラニアンとハスキー

デザイナードッグのニーズ

一度に2種類の犬種を飼えて、見た目もとても可愛いところから一気に人気が上がり、今では「ゴールデンドードル」等の名前も幅広く知れ渡るようになれました。

デザイナードッグを飼う人が増えたことにより、様々なピュアブリードを混ぜて繁殖の実験をするブリーダーが多くなった結果、今ではほとんどのミックス犬を飼うことができるようになりました。

デザイナードッグを飼う方法

デザイナードッグは保健所でレスキューすることもできますが、犬種を判別することが難しいため、一般的にはプリーダーやペットショップから飼うことが多いです。

以前にパピーミルの記事を書きましたが、とても酷い環境でブリードされているデザイナードッグもたくさんいるので、購入するときはブリーダーをしっかりと調べることをおすすめします。

参考外国でのパピーミル問題

デザイナードッグの問題

今ではよくでみかけるデザイナードッグですが、健康や能力を高めるためではなく、その「かわいさ」に重視してハイブリットされているため、問題も多くあります。

野性的に繁殖したものではなく、人工的にブリードすることにより、ピュアブリードの犬が持つ健康問題とはまた違う新たなリスクを生んでしまうこともあります。

病気の遺伝

犬だけではなくどの生物にも当てはまることなのですが、2種類の異なる犬種をブリードするときに、遺伝子をコントロールすることはできません。生まれてくるまで、どのような容姿でどんな性質をもっているのかわかりません。

そのため、本来その犬種がもつ遺伝的な病気のリスクを受け継いでこないラッキーなわんちゃんもいますが、両方の犬種の遺伝を引き継いで生まれてくることもあります。そうなると、病気になるリスクが2倍に跳ね上がってしまいます。

習性の遺伝

病気だけではなく、習性に関してもリスクが高まります。

犬種によって運動能力や行動パターンは様々な為、犬種を混ぜることにより、犬がストレスをより感じやすくなったり、運動能力が低下したり、行動パターンにも影響を及ぼしてしまう可能性があります。

コーゲン(Corgen)の特徴とリスク

アメリカで人気のあるコーギーとゴールデンレトリバーのミックス・コーゲンのを例にして紹介します。

コーゲンの人気の理由

コーゲンの多くは体型はコーギーのように小~中型で胴が長く、顔や毛質がゴールデンレトリバーの特徴をもつことが多いようです。

見た目もとても可愛く、ゴールデンレトリバーの温和な性格を持ちながらも、コーギーの中型犬のサイズなので、手軽に飼うことができるのが人気の理由です。

コーゲンの病気のリスク

可愛い一方、ゴールデンレトリバーのように大きな体やしっぽを持たないで生まれてくることもあるため、癌発症リスクや股関節部形成異常、椎間板疾患やてんかんなどの性質を受け継いでしまうことがあります。

コーゲンの習性のリスク

また習性に関しても問題がでてくることがあります。

ゴールデンレトリバーはスポーツタイプ(Sporting Group)の犬種のひとつです。スポーツタイプの犬にはレトリバーの他にセッターやポインターなどの犬種があり、もともと猟犬であることから、運動が好きで、用心深い性質を持っています。

一方、コーギーはハーディングタイプ(Herding Group)に属する犬種のひとつで、もともと羊や牛の群れを追いかける牧羊犬としての性質を持つ犬です。このハーディングタイプにはコーギーの他にもシェパードでコリーなども入っており、私の愛犬モモもシープドッグとして活躍する犬のひとつです。

このように本来、その犬種が持つ性質や運動能力、サイズを無視してブリードすることにより、犬の持つ訓練能力を妨げたり、混乱させてしまうことがあります。しつけをするのにも時間がかかることがあります。

デザイナードッグのまとめ

デザイナードッグについて、マイナスなことをたくさん書いてしまいましたが、必ずしも全てのわんちゃんが病気になったり、しつけをしにくいというわけではありません。

でも犬はデザイナーバックと違い、ちゃんと呼吸をして、私たちと生活していく家族の一員であるので、トレンドに流されることなく、しっかりと下調べをしてから飼うことをお勧めしたいです。

また、飼い主となる私たちが、デザイナードッグのリスクをしっかり理解して、何があっても受け入れる覚悟をもって飼う必要があるでしょう。

参考サイト
All Things Pups:http://allthingspups.com/

AKC:http://www.akc.org/dog-breeds

執筆:かなぴー

こちらからシェアできます