ワンちゃんの健康はドッグフードから

うちの愛犬「ナナちゃん(チワワ)」も、最初のころ「目ヤニ」や「軟便(緩いウンチや下痢)」といった症状に悩んでいました。

獣医で検査しても特に異常はなし。先生と相談しながら「たぶんドッグフードが合わないんだろう」ということで、無添加で健康に良さそうなドッグフードをローテーションしながら与えました。

今は体に合ったドッグフードも見つかり、目ヤニも治まり便もしっかりとした普通のウンチになってます(笑)

ドッグフードはワンちゃんが毎日食べるものです。
そのためワンちゃんの健康はドッグフードで決まります。

もちろん、ワンちゃんが持って生まれた体の強さみたいなものもありますが、

  • 無添加
  • 体に負担の大きい安価な穀物を使ってない
  • 食材ができるだけ高品質のドッグフード

を与えることが、ワンちゃんの体の健康や長寿につながります。

愛犬の健康・長生きのため、ドッグフードのことから病気のこと、犬のしつけの仕方についてもいっぱい勉強しました。ぜひ参考にしてみてくださいね。

ドッグフードランキング

  • これだけは読んでほしい!
    ドッグフード選びのポイントと、なぜドッグフード選びにこだわるのかについて、犬の飼い主目線で考えました。
    ぜひこれだけは最後まで読んでください。

  • ドッグフードのアレコレ
    ドッグフードはどんな種類がいいの?原材料にこだわる理由は?なぜプレミアムフードがいいのか?などなど、ドッグフードについて知りたいことをまとめました。

  • ドッグフードのお悩み解決!
    食品アレルギーがでる。肥満気味で健康的にダイエットさせたい。偏食気味でドッグフードを全然食べてくれない。などドッグフードのお悩みとその解決方法をまとめました。

犬(ドッグフード)に必要な栄養素

犬の成長に必要な栄養素は、タンパク質・炭水化物・脂質の三大栄養素に、ビタミン・ミネラル・水を加えた六大栄養素で、これは人間と変わりありません。

一般的に「犬といえば肉食。とにかく肉類中心のドッグフードを!」と言われていますが、これも違います。確かに、犬の祖先はオオカミであり肉食中心の生活でしたが、今の犬の住環境は大昔とは異なります。

グレインフリー(小麦・とうもろこし)が注目されていて、タンパク質以外はいらないような印象を受けますが、体を動かすエネルギー源として炭水化物は欠かせません。小麦やとうもろこしが犬にとって消化が悪く発酵も悪い「質の悪い炭水化物」のため不必要なだけで、決して炭水化物全般が不必要なわけではないんです。

詳細ページ犬の健康に必要な栄養素とその働き

ドッグフードの選び方

ドッグフードを選ぶ時にポイントとなるのが以下の項目です。

  • ドッグフードの原材料
  • ドッグフードの種類
  • ドッグフードの生産国
  • ドッグフードの価格

ドッグフードの原材料

まず重要となるのが原材料です。

どんな食材がどのくらいの割合で使われているのか?犬にとって苦手な食材、合わない食材が使われていないか?添加物に発がん性のある成分が配合されていないか?などを見ます。

詳細ページドッグフードに使われる原材料

ドッグフードの種類

ドッグフードには種類があります。

ドライフード、セミモイストフード、ソフトドライフード(半生フード)、ウェットフード(缶詰タイプ)など、それぞれのメリット・デメリットを理解して、犬の体格・年齢・体調に合わせて適切なフードのタイプを選ぶ必要があります。

詳細ページドッグフードの種類とタイプ

ドッグフードの生産国

ドッグフードの生産国も品質を左右します。

一番安心安全なのは間違いなく日本製です。その他、ペット先進国であるイギリス生産のドッグフードも大丈夫です。個人的に注意が必要なのは東南アジアや中国製です。特別な理由がない限り、東南アジアや中国製のドッグフードは避けましょう。

ドッグフードの価格

高ければ高いほどいいドッグフード、というわけではありませんが、犬の健康を考えた安心安全なドッグフード(いわゆるプレミアムフード)は、原材料にこだわって手間ひまかけているため、どうしても価格は高くなります。

プレミアムフードの中にも「モグワン」のように、定期購入を上手に利用することで定価よりもかなり安く購入できるので、値段が気になる方はそういった割引サービスを利用するといいでしょう。

安心安全なドッグフードの基準とは

ドッグフードを選ぶときに、安心・安全・健康といったことを意識するのは当たり前のことです。ほとんどの犬の飼い主が「うちのワンちゃんにはどれが合うだろう」と考えることでしょう。

ですが、ひと言で「安心・安全・健康」といっても、どのような基準でドッグフードを選べばいいのでしょうか?商品のパッケージに書いてある「安心安全」などのキャッチフレーズを信頼してもいいのでしょうか?

当サイトでは、ドッグフードの安心安全の基準を明確に定義しています。そのうえで安心安全の基準をクリアしているドッグフードをおすすめしています。

以下のページで安心安全の基準を詳しく紹介しているので、ご参考にしてみてください。

ドッグフードの基礎知識

ひと言で「ドッグフード」といってもいろんな種類のフードがあり、目的も多種多様です。

それだけ、ペット(犬)のステータスが上がり、犬の健康や安全などが重視されてきたということですが、多様性が出てきた分、ちょっとわかりにくいこともあります。

そんな「ドッグフードの基礎知識」をまとめてみました。

ドッグフードの基準と見方

ワンちゃんに安全で安心なドッグフードとはどんなドッグフードか?また買う前のパッケージのチェック方法やドッグフードの種類についてまとめました。

参考安心安全なドッグフードの基準とは?
参考ドッグフードのパッケージ表示の見方
参考ドッグフードに使われる原材料
参考ドッグフードの種類とタイプ
参考ドッグフードのタイプ別の賞味期限と保存方法

ドッグフードの目的別の選び方

ドッグフード選びで注意したい10個のポイントと、年齢別・ステージ別・肥満を改善する目的など、目的別のドッグフードの選び方についてまとめました。

参考【ドッグフードの選び方】チェックしたい重要な10個のポイント
参考【犬の食事の基本】長生きさせるドッグフードの食べさせ方
参考犬の年齢とステージ別のドッグフード選び方
参考犬の肥満を改善するドッグフードの選び方

フードのランクについて

最近聞くようになった「プレミアムフード」とはどういったドッグフードなのか?従来のレギュラーフードと呼ばれるドッグフードと何が違うのか?

また、グレインフリー・ヒューマングレードなど、高品質のプレミアムフードに使われるこれらの基準の本当の目的はなにか?など詳しくまとめました。

参考プレミアムフードとレギュラーフードの違い
参考ドッグフードのグレインフリーとは?犬にとってどんな効果があるの?
参考犬種別ドッグフードの違いと効果は?

手作りドッグフードについて

健康志向の高い飼い主さんの間で話題になっているのが「手作りドッグフード」。ワンちゃんのために飼い主さんが原材料からこだわって作ってあげるドッグフードですが、そこにはメリットだけではなく注意しなければならない点もあります。

手作りドッグフードに関する基礎知識から、手作りドッグフードに必要な栄養素と、おすすめのレシピをご紹介します。

参考手作りドッグフードのメリット・デメリット
参考手作りドッグフードに必要な栄養素をおすすめ食材
参考手作りドッグフードのおすすめレシピ

≪ 前へ12
1 / 2 ページ

おすすめNo.1「モグワン」が100円で試せる!

mogwan_100yen ※100円モニターのアンケートに「もし初回半額であれば『モグワン』の本商品(3,960円)を申込んでもいいという方」とありますが、必ず本商品を申込まなければならないということではありません。気に入れば初回半額(1,980円)で購入できますよ!という意味です。

ドッグフード選びでお困りのあなたに

ranking_link